« バルトの頬も真っ赤 | トップページ | 「日本で2番目においしいソフトクリーム」がある朝市 »

2013年12月 1日 (日)

ククルと南房散策/12月1日

 宿泊オーベルジュのドッグランは600坪もあり、宿泊した犬たちを快適に遊ばせるために週の半分は営業を取りやめて天然芝生を手入れするというこだわりです。
 ふかふかで踏ん張りが利いて快適なので、朝露できらめいている早朝から大はしゃぎのバルトとククルでした。

B_20131201_1 B_20131201_2 B_20131201_3

 いすみ市には新しいライフスタイルの実現をめざして移住してきた人たちが多いとのことです。
 酪農、稲作、野菜作り、加工などにいそしみ、豊かな食材を生かして地産地消を進めようと活躍しているのです。
 ここに来れば必ず立ち寄る、オーナーこだわりのすべて自家製のチーズ工房があります。
 ご夫婦で牛を飼育していて、仔牛が生まれたばかりだと案内され、バルトが遠くから目を細めて眺めていました。

B_20131201_4

 南房を歩き回って地魚のにぎり寿司をたらふく食べ、この日の泊まりは、数年前にペット同伴仕様になった安房勝浦にあるホテル。
 自然を生かした、かなり広く起伏のあるドッグランで、バルトは夕食前に一走りし、手足の固まりをほぐして満足げでした。
 宿泊先にドッグランがあると、思い切り走り回って手足の固まりをほぐせるので、バルトの疲労回復が早いのです。

B_20131202_1

|

« バルトの頬も真っ赤 | トップページ | 「日本で2番目においしいソフトクリーム」がある朝市 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145977/58869874

この記事へのトラックバック一覧です: ククルと南房散策/12月1日:

« バルトの頬も真っ赤 | トップページ | 「日本で2番目においしいソフトクリーム」がある朝市 »