« 残暑を逃れ⑦/用向きを果たし、帰路、浜名湖で一息 | トップページ | 残暑を逃れ⑨/最終日。富士山麓から笛吹へ »

2012年9月 4日 (火)

残暑を逃れ⑧/浜名湖から新東名を初走行/ドッグランで猫騒動

9月4日。旅行8日目。
3日ぶりにペンションで宿泊ができたバルトは「起きないぞ、動きたくない」と手を支え棒にして抵抗。
「はまなこペロ」をスタートし浜名湖JCTの方向に向かいましたが、高速への道標が見つかりません。
ガソリンスタンドできくと「このあたりからだと東名の浜名湖三ヶ日ICに入って下り方向に進み、JCTで新東名に流入することになる」とのこと。知らなかった。

B_120904_2

新東名のSAにはドッグランが開設され、その脇にはドッグカフェも営業していました。
これまでは、スタバの店外テーブルでバルトと日陰に身を寄せてコーヒーが飲めるのもまれな犬連れ高速走行でした。
SAにドッグカフェがあると、屋内でバルトと休憩できるのでとても助かります。

B_120904_1

ドッグランの中でキャット珍事に遭遇しました。
何やら騒いでいる人が。聞くと「猫を放したらみつからない。この下にいるようだ」というのです。ただただ唖然。
草に埋もれている屋根型の犬遊具の奥を覗くと、うずくまって震えている猫のようなシルエットが見えます。
腹ばいになり、頬で草をかき分けて肩口まで腕を差し入れ、引っかかれるのを覚悟して手探りで首根っこらしきところをつかまえ、無事飼い主の元へ。
「あんた腕が長いねぇ」という猫の飼い主の「感嘆」に苦笑させられました

B_120904_05

「利用上の注意」を裏側から透視術でチェックしているバルト。
猫騒動はめったにないでしょうが、ドッグランは実に楽しく、反面、とても「危険」なところ。
利用ルールは「犬たちの安全を守る必須事項」なのですが、ルールをわきまえない飼い主が少なくないので、とりわけ初めてのドッグランは面識のない飼い主と犬ばかりですから気が張ります。
・・・・・・・・・・・
新東名は、お土産や食べ物にはそれほどの興味は惹かれませんでしたが、トンネルの中も左路肩幅がしっかりとってあり、路面もまだ滑らかなので快適でした。
この日は御殿場で高速を降りて富士五湖に向かい、広大なドッグランを持っている富士山麓の山中湖「ドッグリゾートWoof」で締めくくりの宿泊です。

|

« 残暑を逃れ⑦/用向きを果たし、帰路、浜名湖で一息 | トップページ | 残暑を逃れ⑨/最終日。富士山麓から笛吹へ »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145977/55817482

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑を逃れ⑧/浜名湖から新東名を初走行/ドッグランで猫騒動:

« 残暑を逃れ⑦/用向きを果たし、帰路、浜名湖で一息 | トップページ | 残暑を逃れ⑨/最終日。富士山麓から笛吹へ »