« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

残暑を逃れ⑤/飛騨/荻町合掌造り集落

白馬4日目の8月31日。ペンションに別れを告げ、白馬の大出で朝の散歩をしました。
ここは有名なビューポイントですから期待していたのですが、白馬連山は裾野から雲に覆われ、少し気落ち。
大出公園はとてもよく整備されていて、公衆トイレはレストランなみに綺麗でした。
ゆったりと回る水車と姫川の清流にバルトは大感激の面持ちです。
茶店などもあるので、是非立ち寄りたいひと休みエリアです。

B_120831_1

白馬から東海北陸自動車道で高山に向かいました。
山沿い走行中には雲が覆いはじめ、時折、ワイパーが利かないほどの強い雨に襲われました。「これなら荻町合掌造り集落が楽しめるかな」とワクワクし、途中下車することに。
白川郷に入ると日差しが強まり、バルトを車に残してひとりで世界文化遺産を楽しむ状況ではなくなりました。
気乗りしないバルトを車から降ろし、駐車場から数分ほどの庄川にかけられたであい橋を渡って集落にはいりました。
周遊路にはほとんど日陰がなく、路面も熱そうなのでバルトを連れ回すのには戸惑いが先に立ちます。

B_120831_07

バルトがたちまちあえぎ始めたので、まだわずかな散策をとりやめることにしました。
庄川の河原でたっぷりとバルトに水浴びをさせ、茶店で飛騨のそばを楽しみました。
ソフトクリームと串団子を半分せしめバルトも落ち着いたので、先のプランをひと思案。
高山市内散策の余裕はなさそうなので、宿泊先の高山わんわんパラダイスホテルへ一目散に突き進むことになりました。

B_120831_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

残暑を逃れ④/白馬八方尾根

白馬3日目の8月30日は白馬八方尾根へ。
八方ゴンドラリフト「アダム」や乗り継ぎのアルペンラインリフトはペットを同伴できず、登山路を利用しての散策も禁止されている。
ゴンドラチケット売り場できくと、犬はゴンドラ発着場構内で係留預かりしてくれるとのこと。
屋内ならと預かりを依頼して八方尾根散策へ。

B_120830_h1

待たされているバルトには涼しくて好都合だが、頂上方面にはガスが立ち上り、空中散歩の見晴らしが利かない。
リフト終点に着き、お花畑に色を添える出で立ちで列をなす山ガールをやり過ごし、北アルプスの稜線に向かう登山道を浮き石に気を配りながらのんびりとトレッキング。

B_120830_h2

ガスが広がり切れる兆しはいっこうに見えず、白馬連峰の岩肌や稜線、雪渓などの姿をとらえることが出来ない。
残してきたバルトが気がかりになり、トレッキングを取りやめて下山。

B_120830_h3

ゴンドラの起点に戻ると係員から「温和しかったですよ。水を与えたらこの状態に」と笑いながらのお話。
みれば、バルトは食器をひっくり返して飲み水をばらまき、その上で冷感ごろ寝。
白馬に出かけたら白馬八方界隈は是非散策したいエリアですが、リフト終点から八方尾根を散策する場合は、少なくとも軽登山靴を履き、犬を預ける時は、係留ですので、不安がってリードを首抜けしたり食いちぎってしまうなどの恐れがあるときはケージなどの持ち込みを事前に相談しておいた方が良いかもしれません。
この日は、八方を辞し、「Hakuba47」に立ち寄って平川で水浴びをしてペンションへ。

B_120830_h4

評判の料理に惹かれて白馬村みそら野のペンション「ハッピー・ベル」に二連泊。
準備された宿泊室のツインは、バルトのケージをセットすると窮屈になるスペースでしたが、オーナーは和やかな方で、落ち着けました。
シチューやステーキ、自家製の燻製など、メニューが日々異なる心づくしのおいしいコース料理に堪能し、翌日の準備。

■「Hakuba47」「岩岳ゆり園」「八方尾根」の動画はバルトのホームページ「おとぼけハスキーの談話室」にアップ。
http://husky.life.coocan.jp/
トップページから「バルトの冒険談」、次いで「バルトのビデオ」を開き、「動画2012年」のページにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

残暑を逃れ③/白馬「岩岳ゆり園」

白馬二日目、8月29日の午前中に「Hakuba47」で遊んだあと、午後は岩岳ユリ園ゴンドラリフト「ノア」発着駅へ。
ゴンドラは中央が背中合わせの座席になっていて通路が狭く、バルトなどの大きさの犬には身動きがしにくいタイプ。
それでも好奇心の強いバルトは窓から見渡せる景色にチェックを入れ感動している顔つき。

B_120829_i1

ゴンドラ「ノア」を降りると、山頂エリアのブナ林一面にはユリが咲き誇り、バルトは花たちに挨拶をして回るのに忙しい。
この日はあいにくガスが立ち上り白馬連峰の眺望はかすれていたものの、涼しい風にバルトはルンルン気分。

B_120829_i2

かって歩いた白馬岳から唐松岳の稜線を思い浮かべながらこの日は岩稜がすっきりとしないビューポイントを一回り。
ブナが群生する「ねずこの森」には犬は立ち入れないので、カフェレストランの前にある芝生の休憩所で一息ついでいると、イタリア人の男性が寄ってきてバルトを撫で始めたのでどぎまぎ。
「ハスキー可愛いですね。最近見ないね」と流ちょうに日本語を操るのでホッとするドッキリも。

B_120829_i4

ドッグランでリードを外されフリーになったバルトはいつもの習慣を崩さず構内の点検に余念がない。
笑顔を浮かべるバルトの顔をみながら、来た甲斐があったと一息入れました。

B_120829_i5

「そろそろ里にもどり結婚した方がいいかしらね」とアキアカネが相談を持ちかけてきました。
後ろを振り返るとバルトはわずかな日陰に身を委ねて荒い息。
これだけ残暑が厳しいと、アキアカネも里帰りするタイミングを計りかねているのかもしれません。

B_120829_i6

ドッグランでバルトを追い回して手足を十分屈伸させ、下山。
ゴンドラの里駅の駐車場近くにある「岩岳の湯」に浸かる予定でしたが、まだ日差しが強いので諦めペンションへ。
■「Hakuba47」「岩岳ゆり園」の動画はバルトのホームページ「おとぼけハスキーの談話室」にアップ。
http://husky.life.coocan.jp/
トップページから「バルトの冒険談」、次いで「バルトのビデオ」を開き、「動画2012年」のページにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑を逃れ②/白馬「Hakuba47」

二日目、8月29日。
晴れ男バルトの念力が利いたのか、山の散策に好都合な薄曇り。
朝食を早々に済ませ、急いで荷を積み込み白馬連峰を眺望するために「Hakuba47」へ。

B_120829_h1

「Hakuba47」のゴンドラは犬同伴で乗れ、頂上まで空中散歩が楽しめる。
ゴンドラ終点の山頂エリアにはブナ林の散策コースやドッグランなどがある。

B_120829_h2

予測に反して日差しが強くなり、ドッグランで水浴びをして体調を整え、ブナ林へ。
木陰に入ってひと休みしながら、山道が大好きなバルトは先を急かせる勢いを失いません。

B_120829_h3

「熊の上る木」とある案内板に怖じけるバルト。「かもしかの散歩道」と書かれた道標をみつけて「ボクこっちへ行く」と早足で通り抜け。
途中、スヌーピー岩や、ときおり挨拶してくれる岩稜を眺めながら一汗かきました。

B_120829_h4

ドッグランに戻ると小型犬が数頭遊んでいたのでマウンテンバイク道路が周回している山道に入っておやつで元気づけ。
さらにぐるりと山道を一周してドッグランなどを見回せる高みでひと休み。
バルトは涼しい風に撫でられて気持ちよさそうにひと休みするお昼時でした。

B_120829_h6

山頂散策と空中散歩を終えてベースエリアに流れる平川の遊水公園へ。
那須のペンションでプールの深みに落ちて大慌てしたことがトラウマになっているバルトは深みが苦手。
浅瀬で手足を冷やして生気を取り戻し、午後のプラン、岩岳に向かうことにしました。

B_120829_h7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

残暑を逃れ①/白馬

用向きを果たすためにでかけることに。
ならばと、8月28日から10日間ほど、用向き目的地への往復路を途中下車しながらバルトと旅に出かけることになりました。
夏のお出かけがなかったので、しぶとい残暑から逃れる遅いサマーバケーションというところ。

B_120828_1

スタートした一日目、8月28日は、幼友達シェパー姉妹のママが「泊まりたい」といつも言っているので、前々から一度は出かけたいと願っていた白馬のログペンション「ミーティア」に1泊し、お泊まりの感想を持ち帰るのが目的のひとつです。。
都内の渋滞を避けるためにのんびりとスタートし、1時間ほどで都心を抜け、中央高速をモッタリと走ってSAでたっぷりと休憩をとったりし、それでも早めにペンション着。

B_120828_2

数棟のうち、駐車場から10数歩程度離れてたつログホテルのみが犬と同宿出来ます。
部屋数は7室。30平米ほどの、庭からも直接に出入りできる一階のトリプルルームが準備されていたので、ケージや、このところ出番がないのに積み込まないと落ち着かない山歩きの装備など、なにかと荷物がかさばる身には大助かり。

B_120828_3

余裕たっぷりのツインの洋室にはBTもあり、太い丸太が部屋の真ん中で建物を支えているのも心強い。
バルトはといえば、ご先祖が住んでいたかもしれないログハウスの雰囲気に安心したのか、日頃の狭い部屋から抜け出し開放感にひたっているのか、それとも、どこまでも追いかけてくる残暑にうんざりしたのか、到着早々に一眠りの態勢でした。
今夜から白馬で3泊。明日からの2泊は別のペンション。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

早朝からボルゾイと大騒ぎ

陽が差し始めた早朝散歩。
「あれっ」とばかりにバルトが足を止め、歩道脇に停まった車から幼友達ボルゾイ兄弟の長い顔。

B_1208237

久しぶりなので2頭は車から降り、一緒に公園へ。
バルトが声を上げて喜ぶので、散歩途中の皆さんが何事かと身構え、ボルゾイ2頭の大きさと美しさに驚愕の視線集中でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

「うちわで煽げ」攻撃のバルト

散歩後の汗はなかなか引かず、エアコンをつけてうちわで煽いでいると「何しているの?」とバルトのしぶとい寝技ハイタッチ攻撃。

B_1208236

バルトをうちわで煽いで追い払おうとすると、「涼しい、もっとやってくれ」攻撃に変更。手首が痛い。

B_120823_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

食欲旺盛、夏やせなしのバルト

白馬界隈のお泊まりにでかけるので近くのお店でシャンプー。
初めてお世話になるので心配しましたが、「温和しく楽でしたよ」とのことで一安心。

B_120820_1

スッキリしたらポッチャリ感が強まった感じが。
酷暑続きなのに食欲旺盛なバルト。
主食を食べ終えた後は決まって食器に顔を突っ込んで相棒たちの食事が終わるのを待ち、箸を置くと即座に立ち上がり、食卓の脇にオスワリして「ご飯終わった、追加ちょうだい」の催促が日課。
フードは適量でもバルトの粘り戦術に負けて与えるデザートがかなりのカロリーオーバーに。

B_120820_2

夕刻の散歩タイム。
西日を遮るものがなく温風がなかなか退かないドッグランに出向くのを嫌い、お気に入りの公園に引っ張り込み、木陰で吹き抜ける風を楽しむバルト。
象アザラシ体型をさらして公園で涼みのごろ寝をしていることの方が長く、食欲旺盛、運動不足で夏やせしないのも当然か。
自戒、自戒・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

幼友達姉妹が疾走する夢

同じ公園でデビューした幼友達姉妹が、しばらくの間、居を移すことになりました。
ドッグランなど必要のない草原と浜辺が近くにある、とても快適な環境だそうです。

B_120815_1

14日に見送り、「バルトの丘」でしんみりと名残の時を過ごしました。
夕刻まで玄関でうたた寝するバルト。
時折、「ウワン、ウワン」と鳴きながら寝返りを打ち、話しかけるそぶりを見せますが、走り回る姉妹の夢を見ているからでしょうか。
早く帰っておいで。お友達が、みんな、待ってるよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

立秋過ぎ肌寒い

立秋の7日。夕刻になると雲はあかね色に染まり始め、季節の移ろいが鮮やかでした

Dcf00354

翌日の朝夕は肌寒く、一気に秋と言いたいところですが、残暑はそうたやすく退散するとも思えません。
8月末には白馬界隈を散策することにしています。岩稜を眺望できる高みまで一気に犬と同伴でゴンドラが運んでくれる最終週。
バルトに北アルプスの冷風をたっぷりと浴びさせてやれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

鋭いバルトの予感

日差しが高くなったのに、珍しくお気に入りの休憩エリア「バルトの丘」がある公園をすり抜け、日陰を探しながら足を伸ばすバルト。
目標先だったらしいお友達姉妹の住まいに近づくと嬉しい歓迎の挨拶。
聞けば散歩から戻ったところとのことで、あわや擦れ違いになるところでした。

B_120804_1

急ぎ携帯電話を取りだし、バルトの予感に感心しながら3頭を静止させて早朝のスナップ。
「ネッ、アサノアイサツデキタデショ」と言わんばかりの得意顔バルトでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

幼友達に出会い満足げなバルト

ドッグラン出仕を拒否して何やら急ぎ足で「バルトの丘」へ。
バルトの動きにつられて道路の反対側を見ると幼なじみのジャーマンシェパード姉妹。
公園の芝生の上で合流しスリーショット。実に満足げなバルトのだらしない破顔。

B_120803

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

この子たちのためにもこの先もしっかりと頑張るさ

ドッグランで遂に出会った噂のちびハスのシオン。
生後4カ月の女の子ですが、物怖じせず、ドッグランのマナーをバルトから神妙に聞き入っている様子。
ダルメシアンのママさんが綺麗に撮ってくれました。

B_120802_1

「バルトが4カ月の頃は」と記憶をたぐってみました。
左はムサシの後輩のソニー。4カ月のバルトは生意気な風体で近づき、ソニーは「おまえがムサシあにぃの跡継ぎか」と感慨深げです。
ソニーとムサシは、毎日、雲の上を駆け回っているのでしょうね。

B_120802_02

この頃、嬉しいことに、全面的に開放になった近くの公園でデビューしました。毎日、バルトの知り合いが増えていきました。
何よりも幸運だったのは、幼犬との出会いが相次いだこと。
活発な柴犬の女の子には毎日押さえつけられておりました。

B_120802_2

家では威張り犬だったバルトはあきれるほどの内弁慶。
ドッグランで柴犬にお腹をつつかれて天をつく悲鳴。
ダルメシアンを連れていた女の子に助けられてもまだ不安げに構内を見渡しています。
4カ月頃の気の小さいバルトはシオンよりも少し大きいようにみえます。

B_120802_3

朝夕に必ず行かずには済まされなくなった公園に待望の大型犬のパピーが登場しました。
ジャーマンシェパードの女の子とは毎日組んずほぐれつのバトルを繰り返し、公園で豪快に繰り広げられる犬バトルは名物になりました。
「バルトの丘」があるのはこの公園。命名したのはこのシェパードのママとパパ。

B_120802_4_2

ドッグランでもムサシ時代からのお知り合いと暮らしているボルゾイとお友達に。
実に優しく、背丈が合わないことを配慮してか横になり、「アソボウ」と右手で突っつくバルトと何やらおしゃべりしているようにもみえます。

B_120802_5

この冬には降雪が何度かあり、積雪もかなりのものでした。
布団に潜り込んでいたい相棒なのですが、「お友達が帰ってしまうよー」とばかりに布団の上にダイビングするバルトの迫力に負けて防寒装備に。
お友達に出会えば、相棒も一緒になって公園狭しと駆け回り、寒さも吹っ飛びハァーハァーと荒い息での休憩タイムでした。

B_120802_7

お友達のおかげで挫けることなく毎日の散歩を欠かさず、楽しい犬暮らしを続けることができました。
犬の飼い主の皆さんとの談笑が何よりも楽しく、バルトも犬同士の付き合い方を取得できました。
地震やら、サイレントキラーやらで平穏をかき回されもしましたが、4カ月のシオンに出会い、「バルトのためにもこの先しっかりと頑張るさ」などと改めて奮起する相棒なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »