« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

ドッグランのエンタティナー

兄貴ぶるバルト。こわごわながら、声をかけてもらいたい一心で気を引こうと近寄る、1歳になったリュウタロウ。

B_120626_4

「それなら少し相手にしてやるか」とばかりに、いきなりバルトに体当たりされて、びっくり仰天のリュウタロウ。
慣れていないと流血大立ち回りかと大慌てしてしまう、ハスキーバトルの派手なこの一瞬。

B_120626_2

そんな2頭を観覧席から静観していた菊丸。「いつまでもオコチャマなバルト」と含み笑い。
毎日が平凡な繰り返しのようだが、日々コマ移りが少しずつ変わるドッグランはエンタティナー揃いのたまらなく楽しいステージです。

B_120626_6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

シェパード姉妹とスリーショット

小型中型犬に占領され気味のドッグラン休日フリースペース。
用向きがあってドッグランに出かけたものの、大型犬が敬遠するこの時間帯は存分に遊びにくく、そこそこに引き上げて日が落ち始めようとしている海辺の草地へ。
そこには同じ思いなのか、幼友達姉妹がのんびりと。久しぶりのスリーショット。

B_120624

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

はつらつリュウタロウ、もったりバルト

ドッグランで久しぶりにリュウタロウの挨拶。1歳になったとのことで、すっかり落ち着いていました。
バルトはといえば、挨拶が終わると兄貴ぶって素知らぬそぶり。
5歳を過ぎるともったりとし、「コラッ」と追いかけていた頃が懐かしくなります。

B_120621_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

台風と梅ジャム

気の早い台風の襲来になりました。
被害は、バルトの庭に植木が横倒し。バルトはウロウロ。

B_120620_1_2

ご近所の皆さんとすっかり収穫したはずの南高梅の木から一面に実の落下。
頃合いに熟している立派な実なので拾い集めるとバケツいっぱいを超す分量に。

B_120620_2

数時間かけて梅ジャムをつくりました。
茹で上げた半分を裏ごしすると疲れるほどの分量。残り半分は手抜きしてしっかりと身をたたき、煮詰めて、完成。

B_120620_3

台風などでの被災は苦しいけれど、自然の営みには、どこか、ほっとさせ、活力を与えてくれる慈愛もあるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

バルト視線の効用

お気に入り公園の中でバルトがとけこむのがこの紫陽花。
今日はことのほか暑い日に。
バルトの鼻先の赤みが黒ずみ始めてきた。

B_120618_1

この公園で必ずバルトがチェックする植栽エリアには、この時期、梅のような金色の花が朝日に輝いている。
キンシバイかとも思われるが、ビヨウヤナギという人もいる。
いずれもオトギリソウ科らしい。

B_120618_2

バルトの住まい界隈にもよく似た植栽がある。
バルトのお友達犬の主はビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)だという。
金の糸のようなおしべがとても優雅なので納得。
キンシバイは可憐だがビヨウヤナギには色香がある。

B_120618_3

バルト視線で散策すると思いがけない発見があるので楽しい。
もはやバルトは熱中症まがいの表情に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

看板犬が宙に浮く敏捷さを披露

雨があがりそうな気配を察してかバルトの散歩催促。
きゃべつなど嬬恋の野菜はこれからが最盛期のようす。

B_120611_01

ドッグランではペンションの看板犬が宙に浮く敏捷さを披露してククルとおおしゃぎ。

B_120611_03_2

雲行きが怪しくなってきたので早々にペンションを辞し、嬬恋の耕地ともお別れすることに。

B_120611_10_2

鬼押ハイウェーの休憩所にあるドッグランで一走りして満足し後部席で寝入っているバルト。
ハイウェーを出て中軽井沢のハルニレテラス界隈を散策し、昼食。
雨が降りそうになり、危険を感じるほど霧が深くなってきたので、急ぎ、軽井沢駅近くのフレスガッセに立ち寄って手づくりハム・ソーセージを買い求め、帰路につくことになりました。
バルトにとっては思いのほか車中が涼しく、快適な旅行になったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

心地よい風吹き抜ける美術館

ル・ヴァン美術館へ。
軽井沢観光中心地区から少し離れている、とても静寂な、こじんまりした美術館。

B_120610_02_2

薔薇の開花には時期が早いものの、手入れが行き届いている芝生の広場には優しい風が吹き抜け、気持ちを蘇生させてくれるエリア。
犬が入ってもいいですよ、とのお許しを得て、バルトはゆったりと庭を散策。
併設しているカフェのテラス席は犬も同伴でき、午前中、コーヒーをのみながら快適なひとときを過ごしました。
静けさを求める犬連れにお勧めのエリア。

B_120610_01

久しぶりに軽井沢周辺の散策を楽しみ、少し遅い昼食は川上庵でそばを賞味。
ランチタイムにつきもののパンがテーブルにないのでバルトは不満げ。
持ちこたえていた曇り空もついに驟雨に変わり、急遽、泊まり先の嬬恋へ。

B_120610

宿泊先ペンション「ラ・ヴェルドゥーラ」に近づくと、車の後部席で寝入っていたバルトがむくりと立ち上がり「ここ知ってる」顔。
車から降ろすとドッグランの入り口にまっしぐら。
どんな奴がやって来たのだと主のごとく構内をくまなくチェックし、お気に入りのおもちゃを押さえて満足げ。

B_120610_03

今回のお出かけ同伴は、ムサシの先輩ハスキーのジョンの後継犬ボーダーコリーのククルご一家。

B_120610_04

早速、サッカーボールを追いかけて固まった身体をほぐす疲れ知らずのククル。

B_120610_05

ククルについて行けないバルトは、ヘソを曲げてボールに八つ当たりし、ひとり遊び。

B_120610_07

オーナー手造りの英国風館は、消臭、殺菌の材質に気を配り、床も滑らない、犬たちへの思いやりに溢れている。
手造りの檜風呂で飼い主も疲れをほぐし、地ビールと地ワインに酩酊。

B_120610_08

宿泊した部屋はドッグランに直通しているテラスツイン。
ククルとの鬼ごっこで遊び疲れたバルトはダウン気味で熟睡へ。

B_120610_09

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

雨のドライブはバルトのお気に入り

甲信越が梅雨入り。雨の中のドライブなので車の中が冷えバルトには快適。
軽井沢周辺の散策は諦め、土産の物色とおいしいイタリアンを目指して上田へ。
我が家の定番はみすゞ飴やジャム、そばとくるみを使ったお菓子
この日は、10数年前にムサシとジョンを連れて泊まった懐かしい軽井沢のペンション。
夕食は皿がテーブルからはみ出さんばかりのボリュームでした。
B_120609_01

小雨が続く夕刻のドッグランを一回り、二回りするバルト。
雨嫌いのバルトは、もう外に連れ出されたくないといわんばかりにすんなりとお休みタイムに入りました。

B_120609_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

どこかにお出かけですか・・・・

この週末に軽井沢へでかけることに。
車の整備チェックのためにガソリンスタンドに出かけ、オイル交換。
B_120608

思いの外、時間がかかり、涼しい事務所でバルトはうんざり。
「お出かけの準備なの」と待ちくたびれ気味のバルト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »