« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

日差し優しい夕刻にお友達と

バルトにせっつかれてお気に入りの公園へ。
いやに焦るバルトの行き先にはお友達が。
「ご無沙汰していたね」「暑いね。元気だった」などと近況を報告し合っている雰囲気です。。

B_120526_2_2

幼友達のシェパード姉妹とも公園では久しぶりのご挨拶。
犬混み人混みの公園なので、じっくり待って、スマイル視線一点のシャッターチャンスをつかまえることはできませんでしたが、しっかりと「オスワリ、マテ」姿勢です。
気の散る場所で3頭を揃ってこのように落ち着かせることはなかなか難しいものです。
偉いね、君たちhappy01

B_120526_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

ミスティリアスな木の今日

すっかり夏の気配になり、蚕のみならず、さまざまな虫たちが草を食んでいるようです。
桜の幹ばかりに気を取られていたミスティリアスな双頭木から花の季節は去り、桜の幹には葉脈を太らせた緑の濃い葉が茂ってきました。

B_120524

桜の季節には枯れ木のようで肩身の狭そうだった片側の幹の枝々からは、「いよいよ我らの季節」とばかりに、眩しいほどの新緑が誇らしく桜の葉を押し分け勢いを増してきました。
バルトの舌の先からは真珠のしたたり。「アツイ、キュウケイ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

何だかモテモテのムサシ

ムサシが旅立ってから6年。
ムサシ、ムサシと、高さ634メートルのスカイツリーオープンの今日、大もて。

B_120522

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食

のんびりと公園に近づくと、多くの人が同じ方向の空を見上げて待機状態。
観客に混じってバルトを座らせ空を見上げると、雲の切れ目から姿を見せた太陽に月が浸食し始め、天体ショーが開幕。

B_120521_1

雲の切れ間をのぞき込むようにして太陽が顔をみせ、その顔の浸食が始まり、ついに太陽が月を飲み込みリング状態に。
バルトも空を見上げ、公園は歓喜の渦でした。

B_120521_2

ショーも終わり腰を上げると、幼友達のコウメチャンがバルトに近づき、何だか天体ショーについて思いを交換している雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

久しぶりにお台場散策

気象の荒れが激しい昨今、空模様が落ちついているのでバルトとお台場へ。
前日までの天候や潮の満ち干どきにもよりますが、今朝は海も空気も澄み、肌を冷やしてくれるそよ風に包まれてバルトもご機嫌。

B_120513

久しぶりに少し遠出の朝の散歩。
ふらりふらりとそぞろ歩きをしているうちに日差しも強くなり、ドッグカフェの開店までは待てそうもないので、バルトも相棒も、少し疲れ気味ながらも心地よく帰路に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

危険水域に 警戒信号

昨日はシャンプー。計量は26.4キロで、またまた漸増。
個人的設定リミット27キロまでの余裕がなくなり、危険水域に漂流し始めました。

B_120512

バルトはといえば、少し垂れ気味になっている腹部の膨らみや、横揺れの振幅が大きくなっている臀部にもお構いなしに、バルトの丘で涼しい風に撫でられて、天敵無しのお気楽ヘソ天です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

轟音、地響き、雷と豪雨、そして湖水に水鳥

地響きする雷にも動じないバルト。突然やってきた放水まがいの豪雨も過ぎ、存分に寝たとばかりにバルトの散歩催促。
机から離れると、バルトは背伸びして立ち上がり、玄関で首輪を待ち受け、オサンポ態勢。

B_120510

急激に気温が下がって涼しくなったお気に入り公園は湖水状態になり、いつ飛来したのか、可愛い水鳥があちこちに。
バルトは、しばらくの間、彼女らの優雅な歩みをまぶしそうに眺めておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

お友達の「マテ」「フセ」集合写真

連休も明け、ドッグランへ。お友達の来場はまだ。草刈りの間、バルトは一人遊び。
お友達が集まりはじめ、お遊びで「マテ」を取り混ぜ集合写真を撮ろうということに。
さすがに全員集合は難しいのでクラス分けして挑戦。

B_120507_1

通行犬に気を取られることなしになかなかの決まりポーズ。

B_120507_2

これまた微動たりともせずにフセ。

B_120507_3

なぜだか視線を外してポーズ、なのですが・・・・・

B_120507_5_2

期待に応えて「フセ」の決めポーズ。
背後では「オレ、カンケイナイヨ」とばかりにバルトがウロウロ。

B_120507_6

これは見事な「オスワリ」のお手本といいたいところ。

B_120507_7

いつもオスワリやマテを命令されて写真を撮られているバルト。
遅れてランに駆けつけたお友達に「写真カンケイナイヨネ、アソボウ」の誘い。

B_120507_8

お尻を叩いても誘いに乗ってこない。退屈そうに一人でそぞろ歩き。

B_120507_9

フセもオスワリもしなかったのはバルトだけ。
ドッグランを引き上げ「バルトの丘」がある公園で相棒の足首をあご枕にしてひと休み。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

アメダス・バルト

かなりの雨嫌いバルト。
夜半から風雨が強まり、朝早くベッドから抜け出し庭に出て空模様の点検。
「雨か」。 ベッドに戻り二度寝。
相棒の着替えの風体を見て朝の散歩に連れ出されるのを嫌い、めったに入らない庭の駆け込み用バルト別荘に逃げ込んで動こうとしない。

B_120503_1

外は天気予報通りかなりの風雨。
「散歩に出なくてよいのなら、それはそれで助かる」という気分もあって、「オサンポなしだね」と言い捨てリビングに。
コートを脱ぎ朝の散歩はカットに。その気配をみて、バルトも庭と室内を気ままに出入りできる専用通路から室内へ。

B_120503_2

バルトとにらみ合いながら午後まで机に向かって作業。バルトは椅子に身体を預けて相棒の動きを感知しながらグウタラ寝。
午後4時前になるとバルトは庭に出、戻ると「サンポ」と催促アタックを開始。

B_120503_3

なるほど、雨雲も薄くなり、小雨模様に。
いつもながらアメダスバルトに助けられ、警報下、一度も濡れることなく雨上がりの夕方の公園をバルトと散歩する今日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

夏なんだぁー 悲痛なバルト

早起きになり、花から花へと嗅ぎ歩くバルトですが、突然「夏なんだ」と大げさに嘆く面持ちのバルト。

B_120501

バルトの背後には、毎年この時期に咲き、この公園では珍しい大輪の花が瀟洒な立ち姿をみせておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »