« マグカップとキャンディポット | トップページ | バルトの異変、春なるかな »

2012年4月13日 (金)

ミステリアスな桜

桜並木がゴージャスな散歩道。
バルトは快適ですが、お供は、鼻グズクズの滝状態、目の周辺にはまるで蟻が這いずり回っているかのような痒み。
まあ、季節商品みたいなもので、旬が過ぎれば治まりますが。
歯科医院では「鼻が詰まるようだと治療中に溺れますね」とのご冗談。治療は一週間の延期。

B_120413

バルトお気に入りの公園に気がかりな木が。
根元から分岐しているように見え、双頭のごとく伸びた片側の幹の肌は紛れもなく桜。ついに綺麗な花をつけました。
ところが片側の幹の肌はカサカサしていて艶がなく、花もつけずで、不可解。
新録の頃にはどのような装いになるのでしょうか。
まあ「正体見たり枯れ尾花」といった具合になるのかもしれませんが。

|

« マグカップとキャンディポット | トップページ | バルトの異変、春なるかな »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145977/54468065

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアスな桜:

« マグカップとキャンディポット | トップページ | バルトの異変、春なるかな »