« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

蕾に赤み

河津桜がようやく咲きました。一息つくところですが、このところ幼友達の姿が見えないので悄げているバルト。

B_120328_1

お気に入り公園のソメイヨシノもようやく蕾に赤みが。雨と暖かさが揃えば一気に開花の萌しがうかがえます。

B_120328_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

白蓮がまだ蕾

例年ならすでに落花しているはずの白蓮がまだ蕾。嫌なことばかり続くこの一年。

B_120327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

ベアーを狙うバルトの尾

心地よいドッグラン仲間の甲斐犬ベァーちゃん。実はバルトはベアーがお気に入り。
ところが、「遊ぼう」のお誘い挨拶、バルトの「ウー」に品がないため、ベアーはいつも尻込み。
この日は、ベアーが遊んでいるおもちゃに手を出したいのに遠慮がち。尾を高く持ち上げて「ボクにも貸して」と訴えているところ。
ベアーは無我夢中、バルトは眼中に無し。

B_120322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

おい遊ぼうぜ

1週間ほど前のこと。
生後4カ月くらいかと思われるラン新入りのパピー君。バルトに追われて「コーサン」。その仕草が実に可愛い。
なのにバルトは手先でこついて「アソボーゼ」。
いまだに体躯の自己認識に欠けているバルト。

B_120320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

ダルメシアンのトライアスロン

バルト生後4カ月間近の2007年4月のこと。
ドッグランで、柴犬ほどの大きさの穏やかな犬に脇腹をつつかれて挨拶され、お腹に洞窟でもくりぬかれたかと思うほどのわめき声を上げたことがあります。
このとき、すばやく抱き上げ、おびえがおさまらないバルトを宥めてくれたのがダルメシアンをつれていたお嬢さん。

B_120318_1

そのダルメシアンは今やバルトの姉御的存在ですが、実に活発。
5日前。ふらふらとドッグランをそぞろ歩きばかりしているバルトを尻目にところ狭しと走り回ったり跳躍したり。混成競技の練習といったあんばい。

B_120318_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

蜜を楽しむ小鳥たちが

世界で鎮魂と復興の願いが捧げられました。
11日は平穏に過ぎましたが、この数日、揺れが続き、気持ちは穏やかではありません。
それでも、蜜を楽しむ小鳥たちが訪れるようになり、春が間近だなと胸を高ぶらせています。
バルトはといえば、柔毛が波立つほど強く冷たい風に煽られているのに、もう日差しを避ける始末。

B_120316_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

咲ききらない梅の花

例年のこの時期には庭にあるバルトの別荘に梅の花が雪のように降り積もります。
ことしは、梅も木蓮も沈みがちの気配を強くし、鎮魂のおもいで花も蕾も身を固くしています。
2月に入ると一足早く咲き乱れる河津桜の地元でも開花が遅れ、桜祭りの期間が延ばされているようです。

B_120309

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

足温器になり、節電に協力しているバルト

エネルギー問題と節電の認識を求められた1年でした。危険を押しつけ犠牲の上に成り立つ「繁栄」はバベルの塔だとも考えさせられました。
安心、安全を守るためにも、いっそうのエコが必要。
我が家でも反省させられるところ多々。ジャングル状態になっていた配線を消費電力が常にわかる新たなテーブルタップに切り換え、就寝時や外出時には一挙にスイッチを切ることができるようにしました。
節電意識を高め、待機中などの不用な電力の消耗を避けるための一方策。

B_120306

このことを知ってかどうか。
バルトがそばにいるときにはエアコンの暖房を入れない我が家。
ダイニングでの食事中。いつも食卓の下に潜り込んで足温器になり、節電に協力しているバルト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

バルトの別荘にも春

寒暖の差が激しいこの時期ですが、ことしは冬への戻りが強いために花のつくのが遅れています。
それでも、ようやく、バルトの別荘の屋根にある木瓜がつぼみをほどきました。
目にまぶしい春の訪れです。

B_120303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

春と花粉を知らせるバルトの鼻先

ついに3月。今朝も頻発する地震に揺り起こされ、穏やかではありません。
ドッグランでも話題になったらしいバルトの鼻先。
この時期になるとピンクに色づいていきます。それにつきあって相棒の鼻もむずむずシーズンに。

B_120301

いまだ要因はしかと解明していないのですが、紫外線が不足しての仕業というのがバルトママの主張。
確かに、この先じりじりとピンクが墨色から黒色へと色を濃くして夏を過ぎていくのです。
「かなり色づいたね」と話しかけながら撮っていると、心外そうに顔を背けるバルト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »