« 日本海を眺めながら冠雪の白馬へ | トップページ | 白馬岳とシャガール »

2011年10月 4日 (火)

白馬五竜

歓迎しているかのような晴天に恵まれ白馬五竜のテレキャビンへ。
8分程度の空中散歩でバルトは白馬のスケールに感激の様子。
テレキャビン終点周辺は高山植物園。
自然保護の観点からペットはアルプス平駅構内で預かりになる。
バルトは身体を伸ばせる大きさのバリケンに温和しく入り、「いってらっしゃい」。
B_111004_01

登山道を取り囲む植物園は花の最盛期を過ぎて手入れ中。
端境期ながら、ところどころに花たちの輝く笑顔が。

B_111004_02

B_111004_03

B_111004_04

登山道に入り高度を稼ぐと木々の色彩が豊かになり、連峰の稜線が美しい。

B_111004_05

ムサシが11歳の時。かって軽快に飛び上った八ヶ岳の岩場で前進をためらい、方向転換して下ろうとし、やはり10歳を過ぎると無理はさせられないと思ったことが。

B_111004_06

更に高度を稼ぐと北アルプスの風貌を強め、傾斜が強まり岩場の足場も不安定に。
バルトを伴っていたらこの暑さと登りに苦労したなと思いながらのトレッキング。

B_111004_07

険しさを増す岩稜を撮りながらの山登りは楽しいが、かなり時間がたち、預けたバルトが気にかかりはじめる。

|

« 日本海を眺めながら冠雪の白馬へ | トップページ | 白馬岳とシャガール »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145977/52946126

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬五竜:

« 日本海を眺めながら冠雪の白馬へ | トップページ | 白馬岳とシャガール »