« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

頭の上に雪の結晶

朝の散歩。気がつくとバルトの頭に見逃しそうな雪の結晶。雪の舞はほんのひと時でした。

B_110130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

犬に贈る賛辞

29日の犬友達らの新年会でバルトの幼友達シェパード犬姉妹のママが犬と暮らしたいと願うことになった原点の言葉を披露してくれました。
今も読む度に涙が止まらないと声を震わせて前置きし朗読してくれた「犬に贈る賛辞」。

■犬に贈る賛辞
この利己心にみちた世界にあって、ひとりの人間が友となすことのできる、唯一利己心とは無縁の存在、けっして彼を見棄てることのない、忘恩も裏切りも知らぬ真実の友、それは犬である。犬は富めるときも貧しきときも、健やかなときも病めるときも、彼の主人につきしたがう。
ただ主人の傍にいられるならば、冬の風が吹きつけ、吹雪の荒れ狂う冷たい地面の上にB_110129も、安んじて眠るだろう。あたえるべき食物を持たぬ、その手にも口づけるだろう。
この残酷な世界との対峙のなかで生じた、主人の傷口をなめようとするだろう。
まるで王子につかえるかのごとく、彼は貧しき主人の眠りを守る。
ほかの友がみな去ったあとも、彼はとどまる。富が消えうせ、名声が地に落ちようとも、
さながら天空を旅する太陽のように、変わらぬ愛をたもちつづけるのだ。(ジョージ・ヴェスト上院議員、1870年)

いつもバルトと寝ているので「王子」気分になってバルトが守ってくれている様子を想像しながら眠りにつきました。
いつも通り足もとでくるまって眠りにつくバルト。
ところが、やはり、夜半過ぎにからだが温まってきたバルトは憚ることなくからだを横たえたままのびのびの屈伸で重し状態に。
27キロを超す羽毛布団の圧迫に眠りを妨げられ現実に落下。やはり王子にはなれないようです。貧しきことのみ違いなし。

ムサシ時代の頃、「犬の十戒」が多くの愛犬ホームページに盛んに掲載されたり紹介されたりしておりました。
この「十戒」はブリーダーが子犬を新しい飼い主に渡すときに伝えた言葉だとの解説を読んだことがあります。

「賛辞」と「十戒」は、たぶん、犬を愛する人たちの心を揺さぶり続けている言葉の双璧かもしれません。
デイーン・R・クーンツの「ウオッチャーズ」をまた読みたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

大寒、恐怖のスタート

大寒。ということは寒さも頂上ですから、これからは下り坂。
バルトのシャンプーの折の計量は上限にしている27㎏。
抱えた体感ではもう少し軽い気がするのですが、今日もお友達からは「貫録がついたねぇ」などとおほめをいただきました。
頂上であってほしいというのが痛切な思い。

B_110120

バルトが必ず通る散歩のルートにしている公園。
ことしも河津桜のつぼみが和らぎ春の足音が近づいていることを告げてくれます。
すでに半月ほども雨なし。のどが渇いていると思うのですが、健気ながらも意志は頑強です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

寝坊で雪を見逃し

B_110116_2 身についた習慣からは逃れ難いもの。用向きのない日曜日はつい寝坊。バルトも散歩の催促抜きでお昼近くまで心地よさそうな寝息で付き合い。この日も陽がいくらか高くなってから出立。道々霜かと思いながら公園に着き草地をみると、雪の結晶のような趣が。お散歩仲間に聞くと、やはり明け方に雪が舞っていた模様。バルトに気の毒しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

ゆきやこんこん・・・と歌いたい

晴天続きの新年。草地やドッグランなどはカラカラ。B_110112_3 とはいうものの・・・・・・
「雪が降らないかな」などと軽率に口には出せない各地の豪雪による甚大な被害。雪がなくスキー場の開業ができず困惑する年もあるのに。
降り落ちる前に雪を数か所に集約して貯蔵し各地に均等に配達する設備ができれば大きな声で「ゆきやこんこん」と歌えるのですが。
この数日は厳しい冷え込み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

新年早々のサプライズ

ことし最初の音楽好き友達が集まる「LP、CD持ち寄りコンサート」。

B_110108 新年会を兼ねているので準備にバタバタするのは理解できるのですが、何やら雰囲気が微妙。

なんと、フラメンコギターと舞踏の友情出演があるとのこと。

持ち寄りの数曲を楽しんだ後にいよいよフラメンコのライブ。

踊り手は艶が美しい黒髪を持つ綺麗な女性。ギターを抱えて歯切れよく明るい演奏をするのはしなやかな指を持つ若い男性。

見事な足さばきで華やかなフラメンコ衣装を空に舞わせ、一同ためいき。

皆さん、ワインとゴージャスな時間に心地よく酔いすぎておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

ことしもランrun乱といきます

駄洒落乱発ですがバルトは本気です。ことしもお友達とドッグランで乱闘まがいに大はゃぎする年にします。元気が何より。皆さんよろしくです。

B_110107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

お留守番バルトの八つ当たり

昨年末は久しぶりに小林研一郎指揮で日本フィルのベートーヴェン「第九」を聴きに。
ソプラノが安井陽子さん、アルトが栗林朋子さん、テノールが錦織健さん、パスが青戸知さん。合唱は日本フィルハーモニー協会合唱団。
熱気がこもった渾身の演奏で身震いしました。

B_110102

午後2時30分開演のためバルトはお散歩時間帯に留守番。外食抜きで急いで帰宅。
散歩に飛び出し夕食を終えてもバルトの憤懣はつのるばかり。夜中まで室内でのボール遊びにつきあわされぐったり。
師走のシャンプーの折の計量が26.6キログラム。
今年は減量に励み27キロ範囲内を維持するためにはやむなしかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

Newyear_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »