« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

サッカーとバルトプリントシャツ

パラグアイ戦を見ながら、バルトの幼い頃の写真をモデルにイラスト作成を再開。昼間に一枚Tシャツにプリントしてドッグランで反応点検。

B_100629_2

作業は前夜に続き延長戦。位置が悪い、もう少し大きくだのと保護者の注文がうるさく気に入るまで何枚プリントすることになるやら。実入りなし。プライベートながら深夜に及ぶサービス残業みたいなものだが、バルトがらみのハンドメイド作業は楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

夏至/冷房解禁

寒い春に続いて朝夕はなお涼しい日が続き、バルトも寝坊の毎日。とはいえ、カーテンに陽の通らないほのぼのと明けはじめる頃から廊下を行き来することも。

B_100621

朝側と夜側の分水嶺、夏至。夜中なのにハァハァと嫌みなバルト。クーラーを入れると向きを変えて「冷気を逃がさないぞ」の構え。ベッドカバーには舌から垂れた涎のシミが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

晴れ男、バルトの魔術

B_100616_2 徹夜でうるさいほどの雨脚をたてて降り続けた雨も朝方には小雨に。旅先でも雨の日の習慣を変える気はなそうなバルト。「雨だ。ねむい」といっこうにお散歩に出向く気はなさそう。

B_100616_1 宿泊先はオフ会でよく利用されているホテル。14畳の洋間があって広々。カーペットが敷いてあるので犬が走り回っても足腰の負担にならない。寝室は6畳の和室。洋間に布団を敷いて2人が寝ることもできる。

朝寝をしていたバルトがむっくりと起きあがり「サンポ」。ドッグランで晴れ男バルトが空を見上げて何やらブツブツ。ナント、雲の切れ間が広がり、木々の葉が光り始める。

B_100616_4 朝食を済ませてドッグランで食後の運動に。すっかり気に入り「帰りたくない」とタダをこねるバルト。抵抗するバルトを車に押し込んでスタート。お散歩コースに事欠かない嬬恋、北軽井沢を彷徨し、旧軽井沢へ。日陰のある駐車場を選んでバルトはしばしオヤスミタイム。

わんグッズを物色する予定にしていたお店は休業。妖艶な味がするアザミのはちみつを買い求め、ジョン・レノンを偲んでパンを抱えながら車に。バルトは日頃の習慣を忘れず「パン買ってきた。チョーダイ」とムクムクと起きあがりお手。バルトの納得顔を撫で、ついに帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

美ヶ原でミニトレッキング

乗鞍から松本を通り過ぎ美ヶ原へ。梅雨前線の力添えで雲のカーテンが太陽光線の直射を遮ってくれるので快適。目的地は浅間高原北軽井沢嬬恋。

B_100615_1 美鈴湖から美ヶ原への道はS字の連続。後続の車がないので木々に囲まれたすがすがしい高原をのんびりとドライブ。頂上下の駐車場から先は「自然保護」のためにペット禁の看板が。登攀は諦め、周辺をミニトレッキングして運動不足を解消。

B_100615_3嬬恋へ。四阿山や根子岳など周辺の山はムサシとトレッキングを楽しんだので懐かしい。温泉で汗を流し宿泊先へ。ペンションには千5百坪のドッグラン。雨模様が濃くなってきたのでまずはバルトを解放。ランを点検し見つけてきたボールをおもちゃに疾走、屈伸。満足の面持ち。よかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

バルトに気の毒、温泉三昧

B_100614_3バルトは晴れ男。意気揚々と平湯温泉へ。ペット同伴で飛騨牛がいただけるはずのお店が臨時休業。雲が出始めて涼しくなりそうなので予定変更して白骨温泉へ。立ち寄り入浴し、夕刻には乗鞍高原のペンションに着き、散歩。啄木鳥のパーカッションつきオーケストラに聴き惚れるバルト。

お泊まりペンションは1階の一部屋がペット可。ベットが三つ並ぶ広さ。部屋の裏口から直接外に出られる造り。夜中の散歩も気遣いなしで、大型犬には大助かり。ドッグランがないのが惜しい。だが、周辺すべてが樹木に囲まれたお散歩コースなので不足はなし。

B_100614_2_2 ペンションには乗鞍の源泉から引かれた温泉が。かすかな乳白色。露天風呂もある。白骨温泉に続いて温泉三昧をしている間、バルトは部屋でお疲れモード爆睡体制。ムサシと乗鞍に来た時は、雲上3千㍍近くの畳平から下界を見渡したもの。現在は乗鞍高原付近から上は自然保護のためにマイカーとペットが進入禁止。トレッキングなしで運動不足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

リザーブ兄さんと帰郷

リザーブ兄さんのお供をして帰郷することに。時折の雨も「梅雨入り前の涼しいうちに」と考えた思惑範囲内におさまり、界隈のドッグランで兄弟の面談を済ませて実家へ。念願適ってジョーカー父さんと揃い踏み。向かって左から、リザーブ、ジョーカー、バルト。ジョーカーとバルトは胸の毛並みで区別がつきます。B_100613_1_2

犬舎の運動場ではジョーカー、リザーブ、バルトに叔父のクールも加わって懇親会。

時折、エキサイトしそうな雰囲気になったりして緊張しつつも楽しいひととき。琥珀ちゃんもきてくれたのですが、バルトは出発時間になりお別れ。お兄ちゃん、また会おうね。

目的地は飛騨高山。走行中は曇り時々小雨。景色はベールに包まれるものの、B_100613_2_2車を適当に冷やしてくれるので、バルトには最良のコンディション。サービスエリアでは飛騨牛の串焼きを分け合って食するなどし、夕食前には宿泊先のペンションに到着。前日の車中泊が不満だったのか、バルトは、ベットの上に持参のシーツとベッドカバーを掛けると、「今日は一緒に寝ていいんだ」と嬉しそうにベッドに飛び乗り、爆睡体制に突入。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »