« 砂塵にまみれてゴメンネ | トップページ | みんな大人に »

2008年3月12日 (水)

不遇の花?

ムサシと違いバルトは庭を出歩こうとしないので、日除けにしていた木蓮の枝を思いっきり払ってしまいました。それでも、今年も、梅の花の勢いに負けじと笑いどっさりの花が開きました。

B080311_3

陽当たりがいいので、ご近所よりもかなり早咲きです。ふと気がつくと、バルトが木蓮に見とれる雰囲気を醸し出しておりました。本当のところは未だ不明です。

B080311_2_2

足もとでは木瓜の花が美しい桃色に染まっていました。お散歩道にも綺麗な赤い花が帯のように咲き乱れるのですが、目にとめ褒め称える人が少ないような気がします。

B080311_1_2

ぼけという響きのイメージのせいでしょうか。枝が横に広がって拒んでいるようで、手が出しにくい感がするからでしょうか。木瓜という文字もなかなか読めないからよくないのかな。とても色香があると思うのですが、親戚の薔薇に比べ、自生の木瓜はどうも不遇という感じがします。

辺り構わず掘り起こして球根を台無しにし、草花や木の枝に齧りついていたムサシも、木瓜だけは敬遠していたようです。きつい反撃に遭ったことがあるのかな。

|

« 砂塵にまみれてゴメンネ | トップページ | みんな大人に »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

無事に育ったのは今では幹の直径が10センチを超した月桂樹と白蓮、そして木瓜のみです。いずれも植木市でいただいたもの。

先々は日除けのための棚にしようと小遣いをはたいて植え込んだ藤の苗木は3日でムサシの餌食になりました wobbly
この日からはガーデニングとの縁がなくなりました。

まあ、留守がちでしたから、退屈していたのでしょうね。遊び相手は投資の少ない方にしてほしかった。

投稿: musasi | 2008年3月13日 (木) 10時35分

ムサシくんはお庭を荒らしていたのですね~(笑
我が家は今まさに!お庭荒らされ放題。。。
冬の間も勝手に剪定作業やってくれたりして。
お花、たくさん咲いて春満載ですね。
木蓮を見つめるバルトくんの眼差し、まだまだ幼くて可愛い♪

投稿: ビンぞう | 2008年3月13日 (木) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145977/40475550

この記事へのトラックバック一覧です: 不遇の花?:

« 砂塵にまみれてゴメンネ | トップページ | みんな大人に »