« 横着なやつ | トップページ | ロン君の驚愕成長 »

2008年2月18日 (月)

ついに開城

バルトはワークルームに陣取り、椅子の下に潜り込み、椅子に腰掛けかまぼこ状態になっている主の足を枕に、常に監視体制。椅子から離れれば、ご覧の通りうたた寝して主の帰還を待つ体制。

B0802181夜になれば、バルトの「キューン、キューン」攻撃に抗しきれず、机と本棚などとのわずかな隙間は、今や、犬人同寝室と相成り、開城。

バルトがいるので暖房は禁。部屋は北側で、全面がガラス戸の掃き出しのサッシが古く、すきま風が主の首筋に挨拶のキスをして絶え間なく駆け抜けていく。

そのうえ、少しは遠慮してか足もとで寝ているバルトは、布団の上で主の身体と十字を描いてへそ天なので、主の下半身は20キロを超す重石の下敷きになって寝返りもままならない。

バルトはこのところ筋肉をつけ、膨張加速。この先どうなるんだろう。

|

« 横着なやつ | トップページ | ロン君の驚愕成長 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145977/40187243

この記事へのトラックバック一覧です: ついに開城:

« 横着なやつ | トップページ | ロン君の驚愕成長 »