« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月28日 (土)

少し大人に

4カ月と10日。風貌は 大人になりつつはありますが、お散歩の途中にぐずりだし、オシッコとうんちのためにお家にむかって走り出し、手足の拭き取りもそこそこに玄関に飛び込んでトイレスペースに駆け込む慌てように苦笑しています。

B070430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

ドッグランで疾走

少し足を伸ばしドッグランに出かけました。

やはり野原が最高。リードなしが楽しいんですね。

B0704271

嬉しそうに走り回り、「バルト」と呼ぶと疾走して戻ってきたので、ほっとしました。

B0704272

これならどこにでも出かけられそうですが、自我に目覚めたときが心配です。

帰りの車の中ではお疲れモード

B0704273

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

アドバイスコメント

蘭蘭ちゃんのママのmomoさんから4カ月で10キロが頃合いというアドバイスコメント。ありがとう。ショータイプのハスキーは体躯が小さい傾向にあるようです。どうしても野人のムサシと比較してしまうのですよね。

そうでした。これからが高速道路本線に入るのでした。余計な心配が消えました。

早く蘭蘭ちゃんが凱旋帰郷するといいですね。写真待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

洪水の原因

このところ、どういう訳か、バルトの水置き場が水浸し。で、仕事室からバルトの居室をパソコンでモニターしていると、なんだか、バルトが、かなり重い飲み水入れの陶器の食器と格闘している気配が。

バルトがいる居間に移動し、忍び足でバルトの背後のソファーに転がると、気がついたバルトは、待ってましたとばかりにが横に来て、添い寝。少し寒いので毛布をかけ、ついついそろって居眠りムード。

しばらくして、喉が渇いたのか、バルトはもそもそと抜け出して水を飲みに食器に向かう。ここまではいつものパターン。観察していると、バルトは、少し水を舌でなめ、首をかしげ、左手を出して遊ぼうの仕草。ついで、バタフライよろしく水をかき出し始めた。

B070424

バルトの飲み水水入れはムサシが愛用していた食器。底には犬の絵が描いてある。いつ頃からか、バルトは、その絵に興味を持ち、ちょっかいを出して遊びを誘ったがいっこうに相手にしてくれない冷静さに苛立っていた様子。どうも、公園デビューして、バトル相手が出来てからのよう。

原因がわかり、洪水に腹が立つやらおかしいやら。でも、この先、飲み水入れに何を使おうか、困惑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

秋田の赤兎馬ちゃん

公園デビュー直後に、秋田犬の栗毛の大和くんと白の赤兎馬(せきとば)ちゃんとお知り合いになりました。迫力抜群の二頭を引き連れてのお散歩の勇姿は、勇猛な軍馬、赤兎馬を乗りこなした呂布か関羽かと見まがい、驚嘆そのものです。バルトの比ではありません。なのにバルトは「アソボ」とちょっかい。それにしても、大和くんと赤兎馬ちゃんの温厚なこと。

B070423

赤兎馬ちゃんは昨年6月に土佐からハムスター用の移動バスケットに入って車で旅してきたそうですが、子犬だったという事ですよね。余りの落差に唖然。冥王星と木星くらいのちがいかな。信じられない。そのときの小ささが想像できないけれど、チビ秋田は「カワイイ」の世界新です。会いたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

メイ君にご挨拶

少し足を伸ばして、ムサシの大好きだった三角公園にバルトと出かけ、途中でメイ君に会いました。嬉しかったね。毎日毎日、ムサシのお友達にバルトを紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

狂犬病予防ワクチン接種

2回目のワクチンから一カ月がたちしたので、狂犬病予防ワクチンを接種しました。体重は10キロ。少し小さい気もしますが、どうでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

朝のバルトのバトル

バルトより2カ月年上の柴のコウメちゃんとお散歩友達になりました。逢えば組んずほぐれつのバトルの開始。

B07042001

思えば、15年前も、ムサシより3カ月年上のビーグルのペコちゃんとムサシも、逢えばパンチの応酬。しっかり運動してぐったり疲れ、一日が平穏に過ぎたものです。

B07042002

ムサシとペコちゃんは、夏はまだ薄明かり、早いときは5時起きで公園に向かい、さんざん上になり下になりの格闘技に明け暮れました。

バルトとコウメちゃんも竹馬の友になれるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

生後4カ月に

今日で生後4カ月。お父さんのジョーカーのそっくりさんになってきました。

B070419

オスワリ、オテ、ふてくされ風のフセ、にじり寄りつつも食事のマテとヨシが形になってきました。

トイレはやはり室内のトイレシートの上。

お散歩に意気揚々とでかけ、お友達と時間を忘れて遊んでいるかと思うと、急にぐずり気味に。

そろそろかな、というタイミングでお友達と別れて、「お家に帰ろうか」というと駆け出し、「おしっこ、おしっこ」「うんち、うんち」と必死の形相。

足を拭くのもそこそこに玄関に飛び込み、トイレシートの上でかがみ込んで用足し。

幼い子供が泣きべそかいて家に飛び込んでトイレに駆け込む様子と似ていて、とてもおかしい。

行儀がいいと言えばそれまでですが、屋外で排泄しようとしないバルトの室内でのトイレスペースが体躯に合わなくなりつつあるので、この先のトイレのしつけに困惑してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

Baltoについて

1925年の冬にアラスカの極北に近い町ノームでジフテリアが発生しました。

660 miles の氷原を走りきり5日ほどでワクチンを運んだアラスカ犬とオオカミの血を引くというリーダー犬のBaltoの冒険と勇気は新聞で広く伝えられ、1年後、ニューヨーク市は等身大のBaltoの像を建て、Baltoは世界の中で最も有名な犬になったのです。

Baltoの像はいまもセントラルパークに立っています。

我がBaltoは・・・・・・・・

遊んで食べて、あとはひたすら眠っています。

名前負けです。親ばかの極み。期待しすぎでしょうか。

B070415_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

101ワンちゃんに魅入る

土曜日にドッグランでダルメシアンとお友達になりました。

B0704071_1

B0704072

朝のお散歩でも、ダルメシアンのアンディー君に会います。白黒の配置がとても綺麗で、バルトがしつこく遊びを誘っても決して怒らない優しいお兄さんです。

ダルメシアンが好きになったバルトは、テレビ放映の101匹ワンちゃんに釘付けでした。

ムサシもダルメシアンのメイくんが大好きでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

ドッグランで泣きわめく

B070408 ドッグランに出かけました。

相変わらず、生意気にも、誰彼見境なしに遊びを誘っていたところ、同体格のワンちゃんに横からつつかれ、びっくりしてきゃんきゃんと泣きわめくこと。ラン内は一瞬何が起きたかと視線が集中。まあ、バルトにはよい経験でした。

きゃんの一声で抱きあげられ、なんら問題はなかったのですが、バルトはぶるぶる。一息入れ、その後、ダルメシアンと来ていたお嬢さんに抱かれてすっかり一安心のバルトでした。

しばらくは離れて見物し、犬出が引いてから、思いっきり一走りして、お家にまっしぐらでした。

夜はひたすら眠りこけておりました。お疲れがお利口犬の条件の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

ムサシの足跡

ムサシがデビューした公園に出かけました。

ムサシの後輩で友達のハスキーのソニーに出会いました。

15年前の、ムサシとジョンとの出会いの思い出が重なります。礼儀知らずの幼いムサシを暖かく包んでくれたジョンとは、ジョンが17歳少し前で亡くなるまで、いつも一緒に旅をしました。

ソニーもじゃれつくバルトを快く受け入れてくれました。ずっと仲良くしてね。

B0704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

まもなく10キロ

朝夕のお散歩が日課になりつつあります。つまりmusasiの睡眠時間が短縮されているわけです。ムサシが亡くなり、この一年近く、朝寝三昧に浸っていました。だれた生活。それにしても、雨風、雪に関わらずたたき起こされるこんなやっかいごとを、なぜ再度背負ったのでしょう。でも、バルトとの散歩は、寒さに震えながら布団のぬくみから抜け出す苦労の三倍は楽しいですね、バルトの尾の嬉しそうな反復と目の輝きに射されると、気が晴れます。

ずいぶん大きくなり10キロに近づいています。少しスリムな気がします。バルトの名前の由来をよく聞かれます。ロラン・バルト、バルトーク、バルトの楽園、シュバルツバルト、バルト海、バルト三国・・・・・・。いろいろな連想があるのですが、血統書の犬名はBALTO。

ご存じの方も多いと思いますが、スピルバーグ製作総指揮による実話に基づいたアニメがあります。ハスキー犬と狼の血を引いたバルトが、ジフテリアに感染した子供たちのために1000キロを超す雪原の旅に挑んでワクチンを運ぶ感動の動物アニメ。実話に基づいています。バルトが、このすばらしい犬のように、少しでも人の役に立つようにと、願っています。

で、この写真。アニメのバルトにそっくりなんです。まん丸な目をした顔の作りが漫画チックなんですね。

B0704044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

ムサシ同様よろしく

ムサシのお友達のモコちゃんと会いました。バルトを優しく迎えてくれました。ありがとう、モコちゃん。「跡継ぎなのかイ」と彼女はムサシと初めて出会った頃を懐かしんでいるようでした。 でもバルトはいっぱしに生意気な接近ぶり。礼を失しています。

B0704042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

怖いもの知らず

秋田犬の大和君に挑みかかるバルトです。遊びたい一心とはいえ、先輩を敬わず、怖いもの知らずの横着三昧です。いよいよ厳しいしつけ開始の時期のようです。大和君。構わないからガツンと教育的指導をお願いします。

B0704041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

興味津々

何でも、みるものすべてが、珍しい。遊びたいムードで監視です。

B0703314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »